知らないと間に合わない|藤和ハウスで一生に一度の大きな買い物を済ませよう!
メンズ

藤和ハウスで一生に一度の大きな買い物を済ませよう!

知らないと間に合わない

説明

止められるタイミング

安く買えることから人気の競売物件ですが、売られる側の気持ちはそう単純ではありません。いろんな理由から手放さざるを得なくなっているからです。競売は一連の流れに沿っておこなわれますが、手順がとても多く、実際に所有者移転登記までおよそ七、八ヶ月ほどかかってしまいます。家を競売にかけられる前に任意売却をしたい人は、手遅れになる前に専門家に相談することをおすすめします。専門家は依頼者に代わって交渉をしてくれますので、安心して任せることができます。ただし、開札が開始されたらもう競売の流れは止められません。ですから、できるかぎり早い段階で相談すれば、より確実性は高まっていきますし、その家に住み続けられることもできます。

どれだけの期間があるか

競売の開始が決定されると、次に執行官と評価人による現況調査がおこなわれます。民事執行法のもとおこなわれるので、鍵も開けられますし、立ち入りも拒否することはできません。これを無理に邪魔すると違法になるおそれがあるので注意しましょう。その後の流れとしては、入札期間や開札日が通知され、物件が一般公開されます。そしていよいよ期間入札が開始され、開札への運びとなります。先述したように、この開札を迎えてしまうと任意売却ができなくなります。つまり競売を止めるには、ここまでということになります。ここまでの流れで約半年です。もちろん依然住み続けることは可能ですが、売却が決まるとそこからあっという間に所有者移転となるので、あらかじめ知っておきましょう。